必見!値引きがない中古車を安く手に入れる方法

今回は中古車をできるだけ安く買う方法です。

難しい交渉や中古車さんに高圧的な態度をとったりすることなく。

ただ安くしてくれではなく、代行手数料を支払わなければならない手続きを

購入者さん自身で行って諸経費を安くしたり、

絶対に必要ではない手続きを省いたりすることで経費を節約すれば

中古車屋さんに無理難題を要求することなく結果的に車を安く購入することができます。

車の購入は安い買い物ではないので契約直前までは何とか値引きしてもらおうと

交渉する方もいるでしょう。

しかし、値引はお願いするけど自分が動いて手続きをしなければならないとなると面倒なので

費用を支払って代行をお願いしてしまう。

高い買い物なので数万円が小さく見えるんですよね。

決して小さい金額ではないのに。

どこまで自分でやるかですが最大10万円近くは節約できる可能性がありますので

その方法を紹介します。

まず、車両価格の値引交渉をして車両を安くしてもらえても、

契約直前の見積もりで車両本体の値引き分を諸経費にのっけられて

結果的に総支払額は変わらないような調整をされてしまう可能性もあります。

諸経費の削減であれば諸経費を含めた見積もりが出てから金額を削る事になるので

あとから別の費用で調整されて結局払うお金は同じということは避けられます。

言葉がへたくそですが意味わかりますかね。

削減できる手続きを説明していきます。

車庫証明手続き代行費用の節約

車屋に代行を頼むと手数料として1万~2万円程度とられます。

平日に休みが取れれば車庫証明の手続きは簡単です。

特に車の買い替えで住まいも変わらないし、前の車と同じ場所に駐車するということであれば

車の保管場所と自宅や主要施設を示した所在図の提出を省略できますのでより簡単です。

警察のホームページに必要書類や記載例が丁寧に説明されていますので

ちゃんと読めば問題なしです。警察に行くときはお金と認め印を忘れずに。

保管場所手続とは 警視庁

申請の時には申請手数料2100円と車庫証明が交付されるときに

保管場所標章交付手数料として500円かかります。

これを差し引いても代行手数料が2万円なら17400円の削減です。

申請してもその日に車庫証明は交付されません。

申請してから交付まで数日かかりますので

平日の昼間に2回警察へ行けるよう時間を作る必要があります。

地域によってはインターネットで申請できるらしいので警察署へ連絡して聞いてみてください。

保管場所標章というステッカーですが、

車の絵が描いてある丸いステッカーで車庫証明を申請したあとに警察署で発行してもらえます。

このステッカーは法律でリアガラスに貼らなければならないことになっています。

リアガラスが張り付けるのに適さない場合は左側面になります。

しかし貼らなくても罰則はありません。見栄えが悪いので貼らない方もいますし、

ディーラーや中古車屋さんでも貼らずに手渡されることが多いです。

とはいえ表示義務はあるので貼らなくていいということではありませんので、

何かと自己責任でということです。罰則はありませんが、自己責任。

軽自動車は保管場所を届け出る必要がないと思っている方がいらっしゃるようです。

普通車であれば購入したときに車庫証明がなければ名義変更できませんが

軽自動車は保管場所を届け出ていなくても名義変更は可能で車検証も発行されます。

しかし軽自動車でも保管場所を届けていないと罰則の対象になります。

10万円以下の罰金です。

車を購入する際は車屋さんは軽自動車の保管場所の届け出も諸費用に入れているかもしれないので、

これについても自分でやって安くなるのであれば自分でやると申し出ましょう。

軽自動車の保管場所の届については微妙なところなんですが、

罰則はあるものの届け出ていないからと言って罰せられた人を見たことがないし、

実際届け出ていない車もとても多いです。ここだけの話。

軽自動車でも保管場所を届け出ることは義務で罰則もあります。

ともう一度言っておきますね。届け出るかどうかは皆さんの気持ち次第ですが。

納車費用の節約

納車費用の詳細を確認し、自分でできる洗車や、

自宅まで納車しにきてくれるサービスがあれば断って節約しましょう。

買ったばかりの愛車ですから自分で丹念に洗車した方がきれいになります。

私は車屋の社長が乗っていた車を買ったことがあったのでその時は

メチャクチャピカピカに磨いて納車してくれましたがそれは例外です。

あとは下取り手数料という費用がかかる場合があります。

何の手数料やねんという、説明に苦しむ手数料であることがい多いので、

安くしてもらうとか、買取のみもやっているお店なら下取りじゃなくて買取ということにして

免除してもらったり。お店によっては店のルールで必ずいただいているんですよ、

とか説明にならない説明をされることもあると思いますけど納得はいきませんね。

下取り手数料がどうしてもかかるのであれば、他の買取店に買取だけお願いするのも手です。

自分でできて一番費用が削減できるのが名義変更です。

名義変更手数料は普通に3万~5万程度かかります。

車庫証明を取得することに比べたら若干複雑ですが普通の脳みそとインターネットがあって

きちんと読めば楽勝です。

私はパソコンを持っていない時代に運輸局と電話確認をするだけで

自分で名義変更手続きを理解できましたから。

しかも県外で購入した車でした。

遠方だとナンバープレートが変わるので車に乗って運輸局に行く必要があります。

この手順を説明するとキリがないのでここに関してはしっかりググってください。

いくらでも親切なブロガーさんが説明してくれてます。

名義変更の方法・やり方 | 自動車の名義変更
ご自分で車の名義変更を行う方法・やり方を詳しく説明しています。また、車の名義変更に必要な書類や費用(自動車税環境性能割など)についても掲載しています。「KuruTown(くるたうん)」は、車に関する手続きがわかる総合情報サイトです。

私は購入地から登録地まで300km位離れていましたから、

前の所有者の委任状や印鑑証明などの自分で入手することができない必要書類を

忘れずに持っていかなければいけなかったので、

運輸局さんにも聞きまくりましたし、ナンバーが交付されるまでドキドキでした。

以上が車購入の際、節約できる費用です。

お店によっては全てお店に任せなければならないルールと主張されることもあるでしょう。

そこはうまいこと交渉するしかないですね。

以上、試す価値はあるし、ただ単純に車の値引きをお願いするよりかなりハードルは下がります。

中古車は値引きしないお店がほとんどです。

新車と同じような、値引してくれて当たり前という感覚で中古車を買いに行くとがっかりします。

新車はメーカーができればその値段で売りたいよというメーカー希望小売価格の表示ですから、

中古車はそれと違って明確に中古車価格です。

中古車はギリギリの安い値段にして中古車検索サイトに掲載しないとお客さんは来てくれません。

がんぱって勇気をもって交渉してできれば10万円くらいお安くなるとイイですね。

このブログの内容は、 STAND.FM ガリバーのおすすめ中古車ラジオ に配信していますので、

よろしければ聞き流しにご利用ください。

ガリバーのおすすめ中古車ラジオ | stand.fm
中古車のお得な選び方、中古車サイトの歩き方を実際の購入にめちゃくちゃ役立つかたちで伝えます。これを聞かずして中古車買うべからず‼️

他にも、SPOTIFYGoogle PodcastApple PodcastRadio PublicBreakerAnchorでも

マルチ配信しています。

私、 ガリバーの楽天ROOM では、おすすめのカー用品、

災害時にすごく役立つ楽しいキャンプ用品を紹介しています。

最後までご覧いただきありがとうございました。

ガリバーでした、バイバイっ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました