コスパの良い、国産MT車

今回は、国産各社のお値打ちマニュアル車でできるだけ走りが楽しめそうで、かつ、

ランニングコストがあまりかからない車種の紹介です。

最後に、パワー、車両価格、ランニングコストを加味した新車時点でのおすすめと、

中古車でのおすすめについてお話しします。

新車時点では高くても中古車になって、値落ちして、価格が逆転して、

不人気だけど良いものをお値打ちに買える可能性もありますからね。

こんなことがあるんで、他の人が使った中古車なんてイヤだ、なんて言わずに、

柔軟に車選びができると、より良い車がお値打ちに手に入れられますよ。

トヨタ ヤリス

ガソリンエンジン直列3気筒1.5L、6MT、120ps、145N・m、車重1,000kg、WLTCモード 19.6km/L

新車価格約155万~190万、高いグレードは、ランプ類のLED、スピーカーの数、インパネの素材、

ステアリングとシフトブーツが本革というくらいで、走りにあまり関係ない装備が充実しているので、

高いグレードを買う必要性はあまり感じません。

ただし、ステリングは、樹脂製だとやる気が出ないので、せっかく6速マニュアルなら、本革巻きステアリングが欲しいところ。

ガソリンはレギュラーでO.K.

MAZDA2 SKYACTIVE-G(ガソリンエンジン)

ガソリンエンジンSKYACTIVE-Gの6速マニュアルモデルは、ハイオク指定なので、

WLTCモード燃費は20.2km/Lとヤリスを上回っていますが、燃料のコストとしては、

単純計算するとヤリスの方が上回っていますし、車重もヤリスより重いので、

MAZDA2のガソリンモデルの6速マニュアルはとばして、より魅力的なディーゼルモデルにいきましょう。

MAZDA2 SKYACTIVE-D(クリーンディーゼルエンジン)

ディーゼルエンジン SKYACTIVE-D、直列4気筒1.5L、ターボ、6MT、105ps、220N・m、車重1110kg、WLTCモード 25.2km/L

新車価格は約200万円~250万円

上級モデルは、レザーシート、本革巻きステアリングとシフトノブ、ステアリングヒーター、パワーシート、

アダプティブクルーズコントロール、レーンキープアシスト、このあたりが標準装備されています。

値段は違っても走りは同じです。ちなみに、オートマモデルも同じエンジンを積んだものがありますが、

トルクはマニュアルモデルより30N・m強い、250N・mです。

なぜオートマの方がトルクが太いか。

オートマチックトランスミッションのトルクコンバーターの働きによって、

オートマモデルはトルクが増幅されて、マニュアルモデルはトルクが増幅されないため、

オートマの方がトルクが太いということにつながります。

同じ自動変速でもCVTにはトルクコンバーターは基本ついていませんが、トルコン付きCVTというものもあるようです。

この理由は、文字だけで説明するのは不可能ですので、参考動画を貼っておきます。

トルクコンバータの仕組みとは?
Learn Engineering日本語より引用

ホンダ フィット

FITにMTモデルはない。

以前はRSがあったのに、けしからんです。

エンジン屋さんの本田技研工業ともあろうものが。

S660とN-ONE RSはマニュアル設定がありますが、車両価格が高いので,

今回は、お値打ちであるという観点から外します。

N-VANにも6速マニュアルがありますが、ターボモデルにマニュアル設定がないので、

走りが楽しめそうという部分に合致しないので、今回、ホンダはノーエントリーでいきます。

ホンダさんは、万人受け狙いじゃなくて、ピンポイントでペルソナ設定をしてくるんで、

ペルソナっていうのは、対象となる、想定されるユーザーのことです。

あまり、みんなに好かれるタイプじゃない、ユーザーを選ぶ車を出してくるんで。

ホンダさんのそういうところ好きですけどね。

日産 マーチNISMO S

直列4気筒1.5L、5MT、116ps、156N・m、車重1010kgとけっこう軽い。

新車車両価格は約190万円。燃費はカタログに載っていないが、実燃費13.53km/L。

ちなみにヤリスMTの実燃費は16.66km/Lとある。

マーチNISMO Sはハイオクで、ヤリスはレギュラーなので、燃料コストはヤリスが断然有利。

エンジンパワーはマーチNISMO Sが若干太い。

マーチNISMO Sは2013年、ヤリスは2020年発売で、7年の差があるので、燃費の違いは仕方ないか。

三菱 ミラージュ

三菱自動車も、お値打ちなパワフルマニュアル車はないですね。

ミラージュは以前はスポーツモデルもあったので、マニュアルあってもいいと思いますし、

ミラージュサイボーグがあったので、ミラージュはどこかスポーツカーのイメージもあるんですよね。

新車で比較

新車で比較すると、トヨタ ヤリスのエントリーモデルが、燃費と車両価格と走りのバランスは良さそうです。

MAZDA2もトルクが太くて軽油が安くて燃費もいいんですが、クリーンディーゼルの車両がちょっと高い。

ただし、マツダは中古が安いんですよね。

マーチNISMO Sはどうしても燃費が一昔前のレベルで、ハイオクも高いので、

走りそうな見た目はいいんですが、新車だと、世間の人気の通り、ヤリスがトップですね。

中古車で比較

ここからが本番。今度は中古車で比較してみます。

ヤリス 2020年式、走行千キロ、修復なし、1.5Lガソリンエンジン、レギュラーガソリンでO.K.、

6速ミッション、諸経費コミコミ153万円、ステアリングがめっちゃデミオに似てますね。

年間燃料費は年間1万キロ走るとして、実燃費16.66km、レギュラーガソリンリッター130円として、年間78000円。

次はマツダ2のディーゼルでマニュアル車は中古で出てなかったので、デミオで比べます。

2017年式、走行4万7千キロ、修復なし、1.5Lディーゼルターボ、6速ミッション、これで諸経費コミコミ109万円。

低燃費と太いトルクと6速マニュアルで走りを楽しめて普段使いも楽にこなせる、ランニングコストもばっちりです。

年間燃料費は1万キロ走るとして、実燃費23.5km、軽油リッター120円として、年間約51000円。

続いてマーチNISMO S、2015年式、走行4万9千キロ、修復なし、1.5Lガソリンエンジン、ハイオク指定です。

5速マニュアルで、諸経費コミコミ約130万円から。赤いドアミラーと、NISMO Sのロゴがやる気にさせますよね。

年間燃料消は1万キロ走るとして、実燃費13.53km、ハイオクガソリンリッター140円として、年間約10万4千円。

デミオと倍違いますね。

中古の場合ランキング

マーチのやる気満々のデザインは捨てがたいですが、やはり燃費が一昔前ですね。

デミオはロゴがMAZDA2じゃなくてデミオなのが玉にきずですが、燃料コストが低い。

そしてディーゼルエンジンならではの太い中低速トルクが魅力です。

車両価格も100万ちょっとという、お値段以上な感じですね。

ヤリスはナビこそついていないものの、走行1000キロで諸経費込みで153万円。

燃料コストと車両本体価格で計算すると、15年乗ると、デミオより、ヤリスの方がトータルコストが安くなります。

走りとトータルコストをとると、デミオ。目新しさと、低走行距離をとるとヤリスですね。

日々の給油回数の少なさと、給油1回あたりの値段の安さは日々の運転のストレスを減らしてくれそうなので、

私、ガリバーのおすすめ中古車、走りの楽しいお値打ちマニュアル車ランキング比較的新しい車バージョンは、

一位デミオ、二位ヤリス、三位マーチNISMO Sです。今回軽自動車は外しました。なぜなら自主規制の64馬力があると、

どうしても、普通車コンパクトの方がパワーに余裕がありますし、

軽自動車とコンパクトカーの車重は200キロくらいしか違わないのに、最高出力とトルクは倍近く違いますから。

まとめ

今回は現在新車で買える車だけを比較していきました。

MAZDA2は致し方なくデミオになりましたが、中古車は現行型だけじゃないですからね。

そういうわけで、選び方は無限なんです。選び方は無限なのは良い事ばかりじゃありません。

車に興味がない方が、無限にある選択肢の中から気に入った一台を探すのは苦痛だと思います。

しかもそれも、車に興味がない方にとっては、気に入った一台じゃないんでしょうからね、

どれか選ばなきゃいけないんだったらコレって、そんな選び方になっちゃいますよ。

そこで、いたし方なく買った車を、乗ってみたら、車っていいじゃん。

って思ってもらえるように、毎日、こんな配信を続けています。

車って、いいですよ。どんな車に乗っているか、車の中でどんな楽しみ方をするかっていうのは、

人生を左右するって思っています。

イヤな仕事も、行き帰りの道中で、楽しくなる音楽や、元気になる配信、

同じような不幸を持っている人の配信を聞いて、共感したり、

力づけられたり。力いっぱい歌って、ストレス解消したり、

音声配信の収録やライブスタジオとして使ったり。

いろいろ、人生を楽しくしてくれるアイテムです。

オープンカーなんか屋根が開くってだけで楽しくなります。

スマホの音声を、車のスピーカーから出力できる、イヤホンジャックやUSBポート、Bluetoothがあると、

映像を見てはいけませんが、youtubeや音声配信から、耳だけで楽しめる配信を選んで、知識を得たり、やる気を出したり。

楽しみ方はいっぱいです。

このブログの内容はスタンドエフエムで音声配信もしています。

こんな、ダラダラ長い文章をお読みいただく時間がない場合は、

音声配信を毎日更新してますので↓こちらから聞き流してやってください。

stand.fm ガリバーのおすすめ中古車ラジオ

ガリバーの楽天ROOM もお忘れなく。

ガリバーの楽天ROOMでは、役立つおすすめのカー用品、

災害時にも大いに役立つキャンプ用品を取り揃えております。

このブログを見て、車買ったよ、とか、細かな質問でもいただけたら必ずお答えしますんで、コメントお待ちしています。

それでは本日もお越しいただきありがとうございました。ガリバーでした、バイバイっ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました